塗料の種類

お住まいに使われる塗料は、大きく分けると下記のように分類されます。
ご予算や塗り替えできる頻度など、各種ご要望に合わせて最適な塗料をお選びしています。

○アクリル塗料
約20年前からある塗料で、製造量が多く色の再現性が高いことから、以前では主流の塗料。
高温でも変色しにくく、独特のツヤ感となめらかさを表現できる一方で、耐用年数は短く、こまめに塗り替えを行う必要があります。
○ウレタン塗料
塗膜がやわらかく、密着性に優れているため、細かい部分の塗装にもぴったりな塗料。
価格・耐久性・機能性のバランスが良いことから万能塗料と言われています。
○シリコン塗料
近年価格が下がってきたこともあり、現在人気を集めているシリコン塗料。
高い耐久性を持っており、光沢保持率も優れているので、美しさが長持ちします。
○ラジカル塗料
2015年に発売された、新しい塗料。
その特徴は、従来の塗料にはない高緻密なシールド層の実現。
価格はシリコンとほぼ同額ですが、紫外線・酸素・水による劣化をブロックすることが可能なため、除々に人気を集めています。
○フッ素塗料
他の塗料に比べて、優れた対候性を発揮するフッ素塗料。
価格は少し高めになりますが、その分様々な機能を持ち合わせ、優れた耐久性が期待できます。
東京スカイツリーの鉄骨塗装に取り入れられるなど、高い評価を得ており、近年では屋根を中心にフッ素塗料を選ばれるお宅が増えてきています。
○ベルアート塗料
ベルアートとは、意匠性と機能性を高めた意匠弾性仕上げ塗料です。
その特徴は、意匠性の独創・弾性効果によりひび割れ防止・耐久性が高い・低汚染性と、今までの模様塗料には無い空間が実現。
ガンやハケ、ローラー、コテなどの塗装機器と骨材と組み合わせることで、独自の多意匠性の装飾仕上げつくりあげます。
多意匠性塗料といえばジョリパットなどが有名ですが、ジョリパットより更に意匠性や機能性を高めた優秀な塗料であり、個性溢れる空間を演出いたします。

一覧ページに戻る